メニュー ホーム

どこからが生理不順なの?定義と原因を知ろう

生理不順の定義とは?

生理不順とは、正常な月経周期と異なるペースで生理がおきることを言います。正常な生理周期はおよそ25~38日といわれており、これより短かったり、長かったりすると生理不順の可能性があります。なお、生理周期が24日以下だと頻発月経、39日以上だと希発月経といいます。機械のように正確に生理がくるわけではないため、多少のずれはよくあることで、不安を感じる必要はありません。ただしそれが長期間続くようなら、基礎体温をつけてみたり、婦人科に相談してみたりしましょう。

生理不順の原因まずは日常生活を振り返ろう

生理不順の原因が、必ずしも病気だとは限りません。生理周期の乱れは、女性の排卵過程のうち「卵胞期」への影響によるところが大きいです。卵胞期は、ホルモンの影響でその期間が変化します。では、ホルモン分泌を左右する要因とは何でしょうか?もっとも多いケースは、ストレスです。仕事やプライベートでの精神的・身体的ストレスによって、ホルモン分泌が滞ってしまうことがあるのです。また、栄養状態も大きく関わります。食べないダイエットによる栄養不足や、食べ過ぎによる肥満も、ホルモンに影響します。とくに短期間での体重の増減には注意が必要です。このように、まずは日常生活を振り返ってみるといいでしょう。

生理不順の原因病院に行ってみよう

もし生活習慣に問題がない場合、病気の可能性を疑ってみましょう。生理不順にかかわる病気としては、排卵がおこらない「無排卵」、卵巣の機能が低下し卵胞に影響する「卵巣機能不全」、良性の腫瘍である「子宮筋腫」、あるいは「子宮頸がん」などが挙げられます。生理不順のみならず、経血の増加や生理痛の悪化などがともなう場合は、とくに注意が必要です。婦人科へ行って相談してみることをオススメします。病気でなかった場合でも、婦人科では生活習慣改善やピル、漢方処方など、様々な相談に応じてくれます。1人で悩まずに、1度頼ってみてください。

日曜日に婦人科を利用したい場合には、休日も診療をしている場所を探しておけば万が一の時にも安心して受診が出来ます。

カテゴリー:未分類

admin