メニュー ホーム

確定申告のとき覚えておきたい3つのポイント

サラリーマンでも確定申告に注目

確定申告というと、個人事業主(フリーランス)の人たちが行うものと思うかもしれませんが、サラリーマン世帯にも注目すべき点があります。そのひとつが医療費控除です。きちんと申告すれば、所得税の支払い額を減らすことができます。また、特定の団体に対して寄付を行った場合も、申告すれば税金を減らすことができます。さらに、所得が少ない人が災害や盗難にあったときも申告すれば税金が少なくなるしくみもあります。うまく知識を身につければ、納める税金は減らすことができるのです。

医療費控除についてのポイント

医療費控除は、その年の1月1日から12月31日までに一定の医療費がかかったときに所得税を減らせるしくみです。生計を一にする配偶者や親族の医療費をまとめて計算できます。ただし、申告のときには支払いを証明する領収書が必要になるので、すべてを保管していなければいけません。病院や調剤薬局の領収書はもちろん、ドラッグストアで風邪薬などを買った場合も領収書も捨てないようにしましょう。ここで注意したいのは、ビタミン剤などの病気予防・健康維持のための商品は医療費として認められません。

個人事業主は会計ソフトを使おう

確定申告が重要になるのは、やはり個人事業主の人たちです。1年間の収入を自分で税務署に知らせなければいけないのです。確定申告の書類を作成するのはある程度の知識が必要なので、会計ソフトを利用すると作成がかなり楽になります。報酬や仕事上必要だった支払い(経費)を入力すれば、自動的に書類が完成するものもあります。ビジネスの規模が大きい場合は、税理士や会計士に書類作成の代行を依頼するのもひとつの方法ですよ。

確定申告とは一年間の所得を申告納税するシステムです、一般的に給与所得者などは年末調整のみで不要な場合があります。また、払いすぎた税金を還付してもらえる場合もあります。

カテゴリー:未分類

admin